「.docx」「.xlsx」などOffice 2007で作成されたファイルを旧Officeで開く方法

hayashi.jpgこんにちは!ITスクールのインストラクター、林です。
オフィスソフトで一番好きなソフトはパワーポイントです!
ホームページお悩み解決ブログも書かせていただいていますので、こちらもよろしくお願いします。

Office 2007 から、Word や Excel の拡張子が変わりました。
Word 2007なら拡張子は「.docx」、Excel 2007なら「.xlsx」、PowerPoint 2007なら「.pptx」というようにして、今までの拡張子の末尾にXMLファイルを示す「x」がついています。

これは Office 2000 以前の旧 Office では開くことができません。
Office 2007で「旧バージョンの2000対応で保存」してもらうことでも解決できますが、毎回これをやっていては大変です。

そこで、Office 2007で作成されたファイルを旧Officeで開く方法をご紹介します。

Microsoft Office 互換機能パックを入手してインストール

Microsoft ダウンロード センター
Word/Excel/PowerPointファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=941b3470-3ae9-4aee-8f43-c6bb74cd1466&DisplayLang=ja

1. 上記のページから [ダウンロード] → [保存] でダウンロードします。

2. ダウンロードした[FileFormatConverters.exe]をダブルクリックしてインストールします。

これで、解決です!

Windows 7 では、標準の電子メールソフトが付属されていません。

Windows 7 には Vista で登場した Windowsメール の代わりになる電子メールソフトは標準付属していません。
パソコンが得意ではなく「電子メールとホームページが見れたらいい」という方が Windows 7 を導入する場合、注意が必要なのは電子メールソフトがパッケージの中には標準付属していない、ということです。

そこでマイクロソフトでは、これまで Outlook Express や Windowsメールを使ってきた方のために後継ソフト「Windows Live メール」を用意し、別途無料で、ダウンロード、導入できるようにしています。

◇ Windows Live メール

ダウンロードURL: http://download.live.com/wlmail

※注意: 使い勝手も Outlook Express や Windowsメール に近く、ネット経由で最新バージョンが入手できるメリットはありますが、ダウンロードには「Windows Live ID」が必要だったり、面倒といえば面倒です。

◇ Windows 7 に Windows Live メールをインストールする

マイクロソフトナビゲーションガイドURL: http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/mail03.mspx

ITスクールインストラクター  田口 智

 

出張パソコン教室レッスン風景

出張パソコン教室レッスン風景

Excel(エクセル)で、「001」と入力できない

Excel(エクセル)で、「001」と入力し、「Enter」キーで入力を確定すると「0」が消えて「1」になってしまいます。解決方法をご説明します。

 

表示形式を【文字列】にする

1.数字を入力する前に表示形式の設定をします。対象とするセルを選択します。

2.【書式】→【セル】を選択します。

3.【表示形式】タブを開きます。

4.【文字列】をクリックします。

5.【OK】をクリックします。

6.「0」から始まる数字を入力して「Enter」キーで確定すると、そのまま表示できます。

 

上記の方法が、一般的な方法です。
会社、商品のID、PW などのコード番号は、「0」から始まることも多いと思います。
皆さんも、是非試してみて下さい。

ITスクールインストラクター  田口 智

 

講師派遣の出張パソコン教室ITスクールレッスン風景

講師派遣の出張パソコン教室ITスクールレッスン風景